(株) 愛歯 特別講義 歯科技工士本科

2013年8月6日火曜日 12:08 | カテゴリー:歯科技工士科 | 投稿者:kyufuku

7月24日(水)
夏休みを前に、歯科技工士本科では
歯科技工の総合ラボラトリーとして有名な(株)愛歯より
本校OBの増渕さん(28期生)と下川さん(29期生) そして
社長の 高橋 昌平 様をお招きし、1年生に向けての
” 特別講義 ”を賜りました。

si-mo

この日は、それぞれの経験に裏打ちされた非常に興味
深い話が披露され、そのエピソードのひとつひとつが
学生たちの興味を引き、全員微動だにせず、終始耳を
傾けていました。

simokw

下川さん(写真↑)は、本校専任教員の福島先生の同期。

 「先輩の” 家族を幸せにする技工士 ”と言う言葉や
  表情から 『楽しさ』が伝わって来て、私も先輩のように
  なりたいと思いました。」     (学生アンケートより)

msu

28期卒業生の増渕さん(写真↑)。

 「先輩の” 初めは仕事も夜遅くなるし、全然上手く
  出来ないので辛いけれど、乗り越えた『壁』の数
  だけ立派な歯科技工士になって行く ”と言う話を
  聞いて、これからの学校生活や就職先で困難に
  ぶち当たっても頑張って立ち向かって行く勇気
  が湧いて来ました。」      (学生アンケートより)

sycyou

そして高橋社長からは、入学して3ヶ月が
経ち、歯科技工士を目指す自らの適性へ
の疑問や、将来への不安・迷いを漠然と
抱え始める学生も見られる中、

 「思いには力があり、夢を叶えるには
            思い続けることが大事」

 「夢をゴールにするのではなく、あくまでも
  通過点にすることで、夢を叶えた時点で
     燃え尽きず、新たな夢を目指せる」

 「企業の1番の目的は利益の追求だが
  ” 経営の中の医療 ”ではなく” 医療の中
  の経営 ”と言う意識を持ち、石膏模型の
  先には患者様がいる事を第一に考え
  ” 患者様の為 ”に頑張る気持ちを大切に」

 「技工士はなぜ夜遅くまで働かなくては
  いけないのか?それなら独立・起業して
    自分が変えてやると言う考え方を持つ」

と言った、学生たちを改めて奮い立たせる
金言の数々をお聞かせ下さり、講義終了後に
行ったアンケートからも、皆が非常に感銘を
受けている様子が伺えました。

今回の特別講義は、歯科技工に限らず
すべての医療従事者、そして自らの人生を
切り拓こうとするすべての人達に通じるもので

 「志高く、” 今 ”を懸命に生き抜きます。」

とアンケートに書いている学生さんがいましたが
まさにその通りと感じる内容でした。

高橋社長、増渕さん、下川さん
素晴らしいご講義を、本当にありがとうございました。