柔整鍼灸コーストリプルライセンス制度

最短3年で3つの資格取得が可能です。

  • はり師
  • ×
  • きゅう師
  • ×
  • 柔道整復師

トリプルライセンス制度

「柔道整復師」・「はり師」・「きゅう師」3つの資格を取得するには、通常では6年間かかります。 本学では、鍼灸師科の「午前コース」と柔道整復師科 の「午後コース」への同時入学により、最短3年間で3つの資格取得が可能になります。 3000年の歴史を持つ鍼灸術と、日本の伝統医学に近代医学が融合し確立された柔道整復術という異なる視点の医学を学び、 それぞれの知識と技術の長所を融合させ、幅広い知識と視野で患者さんを診る医療者を育成します。

  • point.1

    治療の幅が広がり、
    独立開業に便利
    柔道整復師とはり師・きゅう師、3つの資格があれば治療の幅が広がります。独立開業の際、さまざまな症状に対応できるため有利です。

  • 授業料も大幅サポート両科のうち、入学金が必要なのは1学科分のみ。もう1学科分は免除されます。また授業料についても大幅な優遇サポートを受けられます。

  • point.3

    重複する科目の単位
    取得免除
    両科には、基礎教育など重複する科目もあります。どちらかの学科で単位を取得すれば、もう一方の学科では単位取得が免除されます。

柔整鍼灸コース優遇制度

  • CASE
    A

    同時に入学する場合

    「鍼灸師科」と「柔道整復科」に同時入学し、3年後同時に国家試験を受験することで勉強の負担は大きくなりますが、最短でトリプル資格を取得することができ、経済的負担は軽くなります。

  • CASE
    B

    1年ずらして入学する場合

    1年ずらして入学することで、履修免除科目が増え、勉強の負担が少なくなります。国家試験も1年ずらしての受験となり、トリプル資格取得までに4年間かかります。

  • CASE
    C

    2年ずらして入学する場合

    2年ずらして入学することで、さらに履修免除科目が増え、勉強の負担は軽くなります。国家試験も2年ずらしての受験となり、トリプル資格取得までに5年間かかります。

  • CASE
    D

    3年ずらして入学する場合

    3年ずらして入学することで履修科目が最大免除となり、勉強の負担もさらに軽くなります。国家試験も3年ずらしての受験となりトリプル資格取得までに6年間が必要となります。

※1年〜3年ずらして入学する場合は、「鍼灸師科」「柔道整復師科」のどちらが先でもOKです。
※2学科同時受講を開始した時から、優遇制度が適用となります。(6年)コースの場合は4年目からの適用となります。)

通常(柔道整復師科3年(午後コース)+鍼灸師科3年)6年間の場合

入学金 400,000円
授業料 2,400,000円
実習費 600,000円
合計 3,400,000円
+
入学金 400,000円
授業料 2,400,000円
実習費 600,000円
合計 3,400,000円
=
入学金 800,000円
授業料 4,800,000円
実習費 1,200,000円
合計 6,800,000円

※別途、施設維持費・諸経費が毎年必要となります。

学費優遇制度を
受けた場合

CASE A.B.C.Dの学費優遇制度を受けると

入学金 400,000円
授業料 3,400,000円
実習費 1,200,000円
合計 5,000,000円

サポート額
180万円

学校独自の「学費優遇制度」で強力にバックアップ致します。

  • 柔整鍼灸コース
    柔道整復師科卒業(5期生) 鍼灸師科(12期生)
    有馬 嶺奈さん
    (福岡県)福岡女子商業高校卒業
    柔道整復師科に入学した当初から鍼灸師科にも進学することを考えていました。その大きな理由は柔道整復師、はり師、きゅう師の3つの資格を取得することで深い知識を幅広い視野を持つ医療人として治療に当たることが出来ると思ったからです。勉強は確かに大変ですが免除になる科目もありますし、学費の優遇制度もあるのでカリキュラム、経済面ともに負担が軽減される環境は整っていると思います。将来の夢、独立開業のためにトリプルライセンスの取得を目指して頑張ります。

MY DREAMー夢を叶えた卒業生たちー

OG・OB’S VOICE

SPECIAL CONTENT

先輩たちは、どんな夢を描いて、どんな道を歩んだの? 学校を卒業してから現場の最前線で活躍する、先輩のリアルな声を集めました。

挨拶に始まり、挨拶に終わる。
花には水を、人には愛を。