歯科技工士本科高い歯科技工技術で歯科医療を支える人材を養成します。

15年連続達成!

国家試験合格率

100% 全国平均(H29)97.5%
平成29年度3月実績
全国平均(H29) ※出典元厚生労働省

修業年限:2年  対象:高卒以上  定員:35名

  • 進路決定率

    100%

    歯科技工士本科の定員35名に対して

    求人数

    233

  • 取得を目指す資格

    ● 歯科技工士(国家資格)
    ● 専門士

  • 主な就職先

    ● 歯科診療所
    ● 歯科技工所
    ● 病院内歯科技工
    ● 独立開業
    ● 歯科関連メーカー
    ● 養成施設
    ● 海外での歯科技工
    ● 医療治療装具メーカー
    ● 進学(大学編入)

CLOSE UP!歯科技工士

  • 歯科技工士の資格とは?

    歯科技工士免許は、厚生労働大臣から与えられる一生の国家資格です。又、当校は国家試験合格100%推進校で学校を挙げて国家試験合格をバックアップします。

  • 収入は、どの位なの?

    歯科技工士の平均収入は、一般的なサラリーマンと同じ位ですが実力が付けば技術力に比例して収入も増えます。 〈38.3歳/433.89万円(平均年収)〉
    ※日本歯科新聞

  • 歯科技工士の就職はどうなの?

    現在、歯科技工士の人材は大変不足していて当校にも定員35名に対して269名の求人が寄せられ、歯科医院、歯科技工所、歯科メーカー等に全員が就職しています。

若い歯科技工士が求められています!

現在、就業歯科技工土のうち40歳~49歳が22.8% 、50歳以上が46.5%と40歳以上を占める割合は全体の
69.3%と半数を大きく上回っています。逆に25歳未満4.8%、25歳~29歳7.5 %と若い世代の歯科技工士が
不足しています。日々進歩する歯科医療において歯科技工士の必要性は更に高まっています。

就業者数 34,495人
出典元:厚生労働省(H27.7月)

差し歯が患者さんの歯にセットされるまで

歯科技工士の役割

  • STEP.1

    歯科医師

    削った歯の型をとり、石こうの型にする
    指示書を付けて歯科技工士へ

    歯科医師・歯科衛生士の仕事

  • STEP.2

    歯科技工所・院内歯科技工室

    石こうの型に合わせて差し歯を制作
    出来上がった差し歯を歯科医院に納品

    歯科技工士の仕事

  • STEP.3

    歯科医師

    差し歯を患者さんの歯にセット

    歯科技工士は、歯を作ることで、歯科医師、
    歯科衛生士とともに患者さんの治療に関わっています。

    歯科医師・歯科衛生の仕事

様々な技工物

歯科技工士の役割

  • 白い歯

    セラミックなどの材料を使用し、 見た目にも美しい歯を製作します。

  • 銀歯

    金属の材料を使用し、むし歯などで削った歯に被せる人工の歯です。

  • 入れ歯

    プラスチック製の入れ歯や保険外診療の金属床の入れ歯も製作します。

  • インプラント

    失った歯を人工的に取り戻す、"人工歯根"のインプラントの製作には高度な技術が必要です。

  • 矯正装置

    歯並びをキレイにする矯正装置の製作も行います。

歯科技工士専攻科で取得

こんなことも、歯科技工士のお仕事です。

  • エピテーゼ

  • 義眼

  • マウスピース

curriculumーカリキュラムー

  • CURRICULUM.1

    歯科技工士の基礎教育

    歯を修復するためには、まず1本1本の歯の形を知ることが必要。模型を見ながら、また慣れてきたら模型を見ないで彫刻していきます。

  • CURRICULUM.2

    CAD/CAM実習

    高精度スキャナーで歯列データをもとに製作。メーカーによる実習講義も行っています。モニター上で設計を行い、コンピュータシステムで、セラミック修復物の削りだしを行います。

  • CURRICULUM.3

    審美歯科実習

    患者さんの顔形や年齢、体質などを参考に、歯の色調、形態、大きさな どの特徴を捉え、形作る実習です。本来患者さんが持っている自然の美しさを引き出す審美歯科について学びます。

  • CURRICULUM.4

    合同教育プログラム

    各学科で実施される授業教科の枠を超えて、臨床現場で必要とされる知識・技術などを歯科衛生士科・歯科技工士本科の学生が少人数のグループを作り実験検証・研究を行うプログラムです。

Educational goalー教育目標ー

  • 教育目標 1

    個人の素質、技術力アップ

    CCDカメラによる全体デモンストレーションの後は、マンツーマン指導と能力に応じたきめ細かい技術指導により学ぶ意欲を持つ教育活動を行っています。

  • 教育目標 2

    審美歯科に向け白い歯の製作

    ニーズが高まる口元の審美に対応する技術を基礎から学び、普及し始めた「白い歯」の時代へ通用する歯科技工士を育てます。

  • 教育目標 3

    精密な技術の習得る

    医療人としての認識を育て、積極的な学会やセミナーへの参加など将来的な視野を持ち基本をしっかり身に付けた質の高い技術力を発揮できる歯科技工士の育成をめざします。

Scheduleースケジュールー

  • 1年次

    歯科技工士としての基本を学ぶ。

    大学歯学部のバックアップで歯科技工の知識と実習の基礎を学び、人の健康や精神面に大きな影響を及ぼす人工製作物の製作法を習得する。

    • ブリッジ制作(歯冠修復技工学)
      無くなった歯の部分に両方の歯から橋をかけて製作します。

    • 人工歯排列(有床義歯技工学)
      人工歯肉の原型に人工の歯を並べます。

  • 2年次

    技術知識の実践から応用までを学ぶ。

    1年次に学習した知識技術をより高度化して応用力を身につけ臨床の場で即戦力になりうる実力を養い歯科技工をライフワークとする自信を身につける。

    • メタルボンド・ポーセレン(歯冠修復技工学)
      パウダー状の陶材を筆で積み上げて高温で焼結させて白い歯を作ります。

    • スペースリゲーナ(小児・矯正歯科)
      スプリングやスクリューネジの力で歯や歯列の移動を行います。

  • 専門的な科目と授業内容

    • 歯の解剖学
      歯周組織や歯の役割と歯の形について学びます。


      歯科理工学
      歯科で使用する材料について実験を交えて学ぶ科目です。


      造形美術概論
      年齢や顔の形などを考え、一人ひとりにマッチした歯を製作するために、歯科技工に必要な美的感覚と色彩学を学びます。


      有床義歯技工学
      数本〜多数歯が無くなってしまった口腔内への、その人に合った義歯(入れ歯)の製作について学びます。


      歯冠修復技工学
      虫歯などによって部分的に崩れた1本〜数本の歯に対して、金属や陶材、プラスチックなどを用いて修復する技術を学びます。


      矯正歯科技工学・小児歯科技工学
      歯並びを美しくして発音や食物を噛み砕く機能を、改善する装置の製作技術を学びます。


      その他
      顎口腔機能学・外国語・関係法規・歯科技工概論・歯科技工実習

  • 年間スケジュール

    • April 4 ・入学式・始業式
      ・オリエンテーション
      ・内科検診
      ・胸部レントゲン撮影
    • May 5 ・デンタルショー
      ・新入生歓迎バスハイク
      ・献血
    • June 6 ・レクリエーション
      ・創立記念日
      ・研修旅行(グアム)
    • July 7 ・就職エキスポ
      ・授業終了
    • August 8 ・インターンシップ
      ・歯科技工学会
    • September 9 ・授業開始
      ・前期試験 ・学園祭
    • October 10 ・バーベキュー
      ・ボランティア清掃
      ・消防避難訓練
    • November 11 ・交流授業
       (歯科衛生士科・鍍灸師科)
      ・卒業試験
      ・献血
    • December 12 ・授業終了
    • January 1 ・授業開始
      ・後期試験
    • February 2 ・特別講義
      ・国家試験
    • March 3 ・卒業式
      ・終業式
      ・国家試験発表

Photo galleryフォトギャラリー

〜 歯科技工士本科のようす 〜

Feedback Of Studentsー在学生の声ー

  • 歯科技工業界を支える若い力になるために。

    南 達也さん

    いま、歯科技工業界は若い世代の人材不足です。そのことを知って歯科医療の分野で人の役に立ちたいと思って、歯科技工士を目指すことを決意しました。学生時代からスポーツをしていたので、人体に興味があり医療分野に関心はあったのですが実際に勉強を始めると思ったより難しく驚いています。ただ、知らないことの知識が深まっていく実感がある授業は楽しくもあります。目標は患者さんに信頼され、笑顔に出来る歯科技工士です。そのために専攻科へ進学し、高度な知識と技術を身につけたいと考えています。

  • プロとして妥協しない歯科技工士に。

    挽地 素子さん

    兄が歯科医であることも影響して歯科医療に興味を持ち、歯科技工士の国家資格を目指しています。毎日の授業は専門的で難しいことも多く戸惑うこともありますが、実際に手を動かす実習は一つの作品を創り上げるような達成感があります。将来、歯科技工士になったら患者さん一人ひとりに適合した製作物をを提供できる医療技術者を目標としています。歯は少しでも違和感があると体全体に支障が出てしまうことがあります。歯科技工士として些細なことにも妥協することがない、プロとしての誇りを持ったスペシャリストを目指します。

Facultyー教員紹介ー

  • 歯科技工士本科
    学科長
    田口聖治 歯科技工士

    profile
    日本歯科技工学会会員
    日本歯科デジタル学会会員
    日本歯科技工学会
    九州沖縄支部理事

  • 歯科技工士本科
    副学科長
    浅岡 徳博 歯科技工士

    profile
    日本歯科技工学会会員
    日本歯科デジタル学会会員

  • 歯科技工士本科
    専任教員
    峰松 ルリ子 歯科技工士

    profile
    日本歯科技工学会会員
    日本補綴歯科学会会員

  • 歯科技工士本科
    専任教員
    福島 淳司 歯科技工士

    profile
    日本歯科技工学会会員
    日本口腔インプラント学会会員

  • 歯科技工士本科
    専任教員
    森 美里 歯科技工士

    profile
    日本歯科技工学会会員
    日本補綴歯科学会会員

MY DREAMー夢を叶えた卒業生たちー

OG・OB’S VOICE

SPECIAL CONTENT

先輩たちは、どんな夢を描いて、どんな道を歩んだの? 学校を卒業してから現場の最前線で活躍する、先輩のリアルな声を集めました。

挨拶に始まり、挨拶に終わる。
花には水を、人には愛を。